店舗オペレーションの改善で人時生産性を向上


h1frame

オペレーション分析手法

店舗オペレーション研究所は、科学的な分析によって店舗に潜むオペレーションの課題を顕在化します。
ここでは弊社のオペレーション分析手法を紹介します。

なぜ自分でオペレーションを分析できないのか

店舗のオペレーションを効率化したい。
これはすべてのオーナーが考えていることです。しかし実際は効率的にオペレーションできている店舗はなかなかありません。これは科学的な分析に基づいてオペレーションをマニュアル化していないことが原因の1つです。オペレーションの分析は業務を細かく分類し、その1つ1つのムダを検証していくことが基本です。ですからやろうと思えばエクセル等でも分析する事ができます。
しかし非常に時間がかかり、また分析に関するノウハウが少ないことが多く、多くの店舗がやりたくてもできない状況が多く見られます。店舗オペレーション研究所では、スタッフの動きを動画に収め、その動作を自動的に分類するソフトを開発。それによって細かな業務分類や正確な分析を可能にしました。
店舗のスタッフ

"4つ" の学術領域と "4つ" のフレームワークを活用

お客様の認知と行動の結果、メニューの数、原価を分析し、どのような優先順位を基にオペレーションを組むべきか検討。現場のマネジメントに反映。

分析レポート

4つの視点

人間工学、社会心理学、認知心理学、行動心理学

4つのフレームワーク

・制約条件理論(TOC)
・メニューポートフォリオマネジメント(MPM)
・インダストリアルエンジニアリング(IE)
・ファンクションアプローチ(FA)

オペレーション分析を活用した生産性改善の流れ

1_観測ライン作業を観測します。
店舗オペレーション研究所で開発した遠隔監視カメラを利用して、遠隔地や多店舗の観測もリーズナブルに対応できます。
遠隔監視カメラでの観測

2_分解集計
観測で得られた動作を分析ソフトによって解析。
スタッフの動作を要素ごとに切り分けます。
分析ソフトによる分解

3_分析動作要素ごとに無駄を抽出。
最適化したオペレーションと比較し、生産性を確認。
分析

4_標準作業作成
オペレーションの変更。
作業手順書(マニュアル)に落とし込みます。
作業手順書

5_教育
標準オペレーションの動画マニュアルにて反復学習。
動画マニュアル

6_改善効果測定
提供速度、ロス、シフトなどの改善幅を測定します。
改善幅測定

お問い合わせ 0120-989-179 お問い合わせ 0120-989-179
メールでのお問い合わせはコチラ